女性の社会進出による変化

バブル時代を境にして、女性も男性と同じように結婚・出産を経験してからもずっと働くようになってきました。男女雇用均等法ができ、給料もそれなりにもらえるようになってからは、結婚や出産をきっかけに専業主婦になるのはもったいないと思うような社会の風潮も出てきました。

バブル以前は、長い年数会社で働く30代以上の女性のことを「お局様」と呼び、なぜいつまでも結婚せずに会社に居座るんだというイメージを持っていた日本社会ですが、長いこと企業に貢献して働く女性に対し、会社の戦力として次第に認めるようになってきたことを考えれば、「お局様」という言葉はなくなっていくのではないかと思います。

今では50代、60代の「お局様」という言葉を知る世代の人たちでさえも、女性の社会貢献を認めるようになってきています。最近は少子化の影響で若い社員の割合が次第に減り、会社にとって女性の戦力も重要であると気づいてきました。ですので、最近の日本において女性を差別して蔑むような言葉使いをするような人は、他の従業員から嫌がられる傾向にありますので、安心して女性は子育てをしながら働くことが出来るようになってきたと言えるでしょう。また、若いころ社会で働いていた人がやっと子育てが一段落し、また働きたいと思った場合、年を重ねた人が特別な目で見られるようなことはもうありません。いつの年代になっても思い切って社会に進出し、貢献することこそがこれからの女性の生き方と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です